アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
西川口 わいわい分かち合いブログ
ブログ紹介
こんにちは! 日本基督教団西川口教会ホームページ管理人のsakukoです。聖書日課の分かち合いメールを何人かの方に配信しています。聖書日課は、日本キリスト教団出版局の「信徒の友」を用いています。分かち合いの交わりが拡がるといいなと思っています。300字を目安にしていますので、舌足らずな表現もあるかと思います。分かち合いですから、議論や知識のやりとりではなく、聖書から聴いて示されたことを語りたいです。それでは、どうぞよろしく!(ブログ開設日は2005年12月9日、西川口教会のホームページは、http://church.jp/nishikawaguchi です。) 
引用されている聖書は、特に断りがない限り、日本聖書協会発行の聖書『新共同訳』を用いています。聖書 新共同訳:(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation
(c)日本聖書協会Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988
zoom RSS

あなたの平和は大河のように (イザヤ書 48:12〜22)

2018/01/19 08:34
イスラエルの聖なる神
あなたを贖う主はこう言われる。
わたしは主、あなたの神
わたしはあなたを教えて力をもたせ
あなたを導いて道を行かせる。
わたしの戒めに耳を傾けるなら
あなたの平和は大河のように
恵みは海の波のようになる。(イザヤ48:17-18)


神の民イスラエルのために、神は手を差し伸べ招き続けます。神は自らイスラエルの罪を贖って、生かそうとして共にあり、語ってくださいます。神の言葉に耳を傾けるならば、平和は大河のように、恵みは海の波のようになると約束してくださいました。主は平和の神、恵みの神です。主の言葉がわたしを教えて、導いて、行くべき道を行かせてくださいます。主なる神に愛され、主に応えて生きる道です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新しいことを知らせよう (イザヤ書 48:1〜11)

2018/01/18 09:37
お前の聞いていたこと、そのすべての事を見よ。
自分でもそれを告げうるではないか。
これから起こる新しいことを知らせよう
隠されていたこと、お前の知らぬことを。
それは今、創造された。
昔にはなかったもの、昨日もなかったこと。
それをお前に聞かせたことはない。
見よ、わたしは知っていたと
お前に言わせないためだ。(イザヤ48:6-7)
  

神は高慢な者を見過ごされません。神の民も同様です。苦しみの中を通され、打ち砕かれるのでした。神がなさることは、人が知りえない。それは新しく、かつてなかったこと。教会に生きる者にとっては、キリストの救いこそ、そうです。神の御子が苦しみ、打ち砕かれることを通して人を罪から救い出してくださるとは。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


助言が多すぎて (イザヤ書 47:10〜15)

2018/01/17 08:32
助言が多すぎて、お前は弱ってしまった。
天にしるしを見る者、星によって占う者
新月によってお前の運命を告げる者などを
立ち向かわせ、お前を救わせてみよ。
見よ、彼らはわらにすぎず、火が彼らを焼き尽くし
炎の力から自分の命を救い出しえない。・・・
お前を救う者はひとりもいない。(イザヤ47:13-15)
 

バビロニアへの預言ですが、現代の日本に生きる人々にも通じると、つくづく思います。インターネットで広告に「有名占い師10人に今年の運勢を・・・」などとあり、啞然としました。「助言が多すぎて弱る」とはその通りです。わたしたちには神の言葉があります。まことの神は唯一。確かな言葉もこの方が語り、救いもこの方からしかありません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


終わりの事を思わなかった (イザヤ書 47:1〜9)

2018/01/16 10:27
わたしは自分の民に対して怒り
わたしの嗣業の民を汚し、お前の手に渡した。
お前は彼らに憐れみをかけず
老人にも軛を負わせ、甚だしく重くした。
わたしは永遠に女王だ、とお前は言い
何事も心に留めず、終わりの事を思わなかった。(イザヤ47:6-7)
 

「お前」とはバビロニアです。神はかつてイスラエルの裁きの道具としてバビロニアを用いましたが、バビロニアも高慢のゆえに裁かれるのです。7節の「何事も心に留めず、終わりの事を思わなかった」の言葉にぎくりとします。いつでも、このように生きている人を神は見過ごされません。歴史を治め、正しく裁かれる方・主なる神の前に今あること、この方に生かされている恵みを感謝して生きられますように。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


わたしに聞け (イザヤ書 46:1〜13)

2018/01/15 08:39
わたしに聞け、ヤコブの家よ
イスラエルの家の残りの者よ、共に。
あなたたちは生まれた時から負われ
胎を出た時から担われてきた。
同じように、わたしはあなたたちの老いる日まで
白髪になるまで、背負って行こう。
わたしはあなたたちを造った。
わたしが担い、背負い、救い出す。(イザヤ46:3-4)
  

何と力強い主なる神の言葉でしょうか。神は御自分がお造りになったご自分の民に、常に共にあり、責任をもって関わってくださいます。それも、「背負い、救い出す」と、自ら、存在そのものを底から引き上げてくださるあり方で。わたしたちが願い求めたからではなく、一人ひとりを愛してやまず、見捨てることができない憐みのゆえにそうしてくださいます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


79571 更新しました

2018/01/14 20:55
昨日と今日は、大学入試センター試験でした。
何人かの方から、
「(お子さん、お孫さんが)受験なので祈ってください」と頼まれ、
教会の子供たちの中にも受験生がいますので、お祈りしています。

寒い中、緊張の中、多くの人が受験したのですね。
お祈りと言っても、「受からせてください」ではなく、
「ベストを尽くすことができるように助けてください」、
「神様が最もふさわしい道を開いてください」、と祈ってます。

若い方たちは、受験も試練かもしれませんね。

学業は大事。
でも、教科書の知識だけでは、人生の試練を越えることはできません。
知識をいかに使うかの知恵をいただかないと。
上からの知恵をいただかないとなりません。

若い方たちには、造り主を知っていただきたいものですね。
そのために教会が大いに用いられますように。
箴言 1:7 「主を畏れることは知恵の初め。」

西川口教会のホームページを更新しました。

来週の主日礼拝は、地区講壇交換礼拝です。
わたしは川越教会に出かけます。
川越教会の木ノ内一雄牧師が来てくださいます。
楽しみにしています。

管理人 sakuko
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


偶像を造る者 (イザヤ書 45:14〜17)

2018/01/12 09:20
偶像を造る者は辱めの中を行き
皆共に恥を受け、辱められる。
イスラエルは主によって救われる。
それはとこしえに続く救い
あなたたちは世々とこしえに
恥を受けることも、辱められることもない。(イザヤ45:16-17)


「偶像を造る者」とは人間です。造り主を忘れ、知ない人間は、自分の願いを満たす偶像を造り出す。イスラエルは造り主を知っていたはずなのに、偶像に走りました。主イエスの弟子たちを見ても、ある面では主イエスを偶像化していたと思います。人が造った偶像には救いはない。永遠の救いは神にあります。教会に生きる者は、驚くべきことに、救い主イエスが恥を受け、辱められ、死ぬことによって救いとなられたことを知り、信じています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


主は造り主 (イザヤ書 45:9〜13)

2018/01/11 09:19
災いだ、土の器のかけらにすぎないのに
自分の造り主と争う者は。
粘土が陶工に言うだろうか
「何をしているのか
あなたの作ったものに取っ手がない」などと。・・・
イスラエルの聖なる神、その造り主
主はこう言われる。
あなたたちはしるしを求めるのか。
わたしの子ら、わたしの手の業について
わたしに命ずるのか。(イザヤ45:9、11) 


聖書の神は、天地万物の造り主です。神以外のものはすべて造られたもの。人も同じです。造られたものが造り主に不信であるとは、粘土が陶工に言うようなもので、あり得ない、おかしいことです。そんなイメージを通して、預言者に語らせて、神は御自分の民に語りかけてくださいます。まことに神として信じるように。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


主の御支配 (イザヤ書 45:1〜8)

2018/01/10 08:38
主が油を注がれた人キュロスについて
主はこう言われる。
わたしは彼の右の手を固く取り
国々を彼に従わせ、王たちの武装を解かせる。・・・
わたしの選んだイスラエルのために
わたしはあなたの名を呼び、称号を与えたが
あなたは知らなかった。・・・
光を造り、闇を創造し
平和をもたらし、災いを創造する者。
わたしが主、これらのことをするものである。(イザヤ45:1、4、7)


神は異国の王キュロスをイスラエルの救いのために用いる、と語られました。キュロスは知らずして神の道具となりました。それほどまでに神の御支配があるということ。神の御支配は闇の中にも、災いの中にも、どんな状況にもあるということです。信じます。助けてください。
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


わたしは廃墟を再び興す (イザヤ書 44:23〜28)

2018/01/09 09:46
あなたの贖い主
あなたを母の胎内に形づくられた方
主はこう言われる。
わたしは主、万物の造り主。・・・
僕の言葉を成就させ
使者の計画を実現させる。
エルサレムに向かって、人が住み着く、と言い
ユダの町々に向かって、再建される、と言う。
わたしは廃虚を再び興す。(イザヤ44:24、26)


教会は、ここにある主が遣わされる使者・僕(しもべ)が、神の子、主イエス・キリストであると信じます。今でも、国内外で、争いによって、災害によって、目に見えるところでも、見えないところでも、町は崩れ、人は痛んでいます。しかし神は再興してくださる。救い主によって、その破れから救い、立たせ、人と人が共に生きる世界を造ってくださる。信じます。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


わたしに立ち帰れ (イザヤ書 44:6〜22)

2018/01/08 08:57
思い起こせ、ヤコブよ
イスラエルよ、あなたはわたしの僕。
わたしはあなたを形づくり、わたしの僕とした。
イスラエルよ、わたしを忘れてはならない。
わたしはあなたの背きを雲のように
罪を霧のように吹き払った。
わたしに立ち帰れ、わたしはあなたを贖った。(イザヤ44:21-22)
  

自分の過ちに気づいて神に立ち帰ったら、神が罪を赦してくださるというのではない。イスラエルが、神を忘れ、背き、立ち帰っていないのに、神は、自ら、一方的に、「背きと罪を吹き払った」と、「あなたを贖った」と宣言されたのです。何ということか、と思います。この計り知れない神の憐れみが先立ち、この神の言葉を信じるから、立ち帰ることができるのだと分かりました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


79522 更新しました

2018/01/07 22:45
新年最初の主日礼拝でした。
礼拝前には、「今年もよろしく」の挨拶を皆が交わしていました。

今年の教会の聖書の御言葉から説教しました。
神の愛を身にまとい、神の愛が完成へと導いてくださると信じて歩みます。

キリスト教主義学校の学生さんもいらしてくださり
感謝でした。

今月は、21日は埼玉地区講壇交換礼拝
28日は樋野先生を迎えての集会と
特別な集会が続きます。

西川口教会のホームページは
週報短文と、翌週案内を更新しました。

管理人 sakuko
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


わたしは、あなたの罪をぬぐい (イザヤ書 43:21〜28)

2018/01/05 09:15
わたしはこの民をわたしのために造った。・・・
しかし、ヤコブよ、あなたはわたしを呼ばず
イスラエルよ、あなたはわたしを重荷とした。・・・
わたし、このわたしは、わたし自身のために
あなたの背きの罪をぬぐい
あなたの罪を思い出さないことにする。(イザヤ43:21-22、25)
 

神に造られ、愛され、神に従うはずのイスラエルは、神に背きました。人はそのように曲がってしまっている、本来あるべき姿が失われてしまいました。それが、神を失った罪人(つみびと)の姿です。そこに神は、人間の回復の道を示されました。人の罪を十字架の主イエスに負わせることによって、神が、人の背きの罪をぬぐわれ、この約束を果たされた、と教会は信じています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


見よ、新しいことをわたしは行う (イザヤ書 43:8〜20)

2018/01/04 09:04
わたしは主、あなたたちの聖なる神
イスラエルの創造主、あなたたちの王。
主はこう言われる。
海の中に道を通し
恐るべき水の中に通路を開かれた方・・・
初めからのことを思い出すな。
昔のことを思いめぐらすな。
見よ、新しいことをわたしは行う。(イザヤ43:15-16,18-19)


 「海の中に道を通し、水の中に通路を開かれた」とは、紅海の水が分かれ、エジプトを脱出したイスラエルの民が、海の中にできた道を渡った出来事に基づいての言葉です。新しいこととは、主イエスが、罪の闇の中に光の道を開かれたことです。つまり死の捕らわれの中によみがえりの命の道を開かれたということ。まことに出エジプトの奇跡をはるかに凌駕する、新しい神の救いの出来事が起こりました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


わたしの目にあなたは価高く (イザヤ書 43:1〜7)

2018/01/03 09:45
ヤコブよ、あなたを創造された主は
イスラエルよ、あなたを造られた主は
今、こう言われる。
恐れるな、わたしはあなたを贖う。
あなたはわたしのもの。
わたしはあなたの名を呼ぶ。・・・
わたしの目にあなたは価高く、貴く
わたしはあなたを愛し
あなたの身代わりとして人を与え
国々をあなたの魂の代わりとする。(イザヤ43:1.4)


造り主である神はいつもこの世界と人に責任をもって関わっておられます。一方自分を見ればいろいろなことにがんじがらめになって、取り返しのつかないことばかりして、責任を負えるかというと、できないことばかりです。そんなわたしも神の目に価値がある、貴いのです。愛されているのです。今日も生きよう、と思えます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


行く手の闇を光に変え (イザヤ書 42:10〜25)

2018/01/02 09:28
目の見えない人を導いて知らない道を行かせ
通ったことのない道を歩かせる。
行く手の闇を光に変え
曲がった道をまっすぐにする。
わたしはこれらのことを成就させ
見捨てることはない。
偶像に依り頼む者
鋳た像に向かって
あなたたちがわたしたちの神、と言う者は
甚だしく恥を受けて退く。(イザヤ42:16-17)


神が宣言されています。神の言葉は人間の経験や知識を超えていて驚きです。神はこの約束を、救い主イエス・キリストによって果たされました。光の主が共に道を歩んでくださることを知り、それまでは神の業に目が見えていなかった自分だと分かりました。だからこそ、この生ける神から離れ偶像に依り頼むことがいかに空しいか、知らされます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


見よ、わたしの僕を (イザヤ書 42:1〜9)

2018/01/01 09:36
見よ、わたしの僕、わたしが支える者を。
わたしが選び、喜び迎える者を。
彼の上にわたしの霊は置かれ
彼は国々の裁きを導き出す。
彼は叫ばず、呼ばわらず、声を巷に響かせない。
傷ついた葦を折ることなく
暗くなってゆく灯心を消すことなく
裁きを導き出して、確かなものとする。(イザヤ42:1-3)
 

主なる神の僕が立てられます。「傷ついた葦」や「暗くなった灯心」とはもう使えないので捨てて、取替えるもの。これはイメージで、神の民が、傷ついた葦のようであり、暗くなってゆく灯心のようだということ。しかし主の僕は「折ることなく」「消すことなく」、つまり見捨てずに、正しく裁かれる。教会はこの主の僕の約束の成就を主イエス・キリストに見ました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


79488 更新しました

2018/01/01 09:34
主の年2018年となりました。

昨日は、大みそかでしたので、お出かけの人も
礼拝後すぐに帰省します、という人もありました。

今年は元旦礼拝がないので、楽をさせてもらいました。

西川口教会のホームページを更新しました。

今年の聖句は、コロサイの信徒への手紙第3章14節です。
週報短文、西川口だより1月号の巻頭言、
来週のご案内をアップしました。

本年もよろしくお願いいたします。

管理人 sakuko
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


わたしの救いの右の手で (イザヤ書 41:1〜13)

2017/12/29 09:00
恐れることはない、わたしはあなたと共にいる神。
たじろぐな、わたしはあなたの神。
勢いを与えてあなたを助け
わたしの救いの右の手であなたを支える。・・・
わたしは主、あなたの神。
あなたの右の手を固く取って言う
恐れるな、わたしはあなたを助ける、と。(イザヤ41:10、13)


今日の聖書箇所から、神の右の手が、私の右の手を固く取って、支えてくださると語られています。神自ら、わたしの力となってくださる。神はわたしの力であるということです。神は、共にいる方です。今年もクリスマスを祝いました。救い主の名は「インマヌエル」。この名は「神は我々と共におられる」という意味(マタイ1:23)です。だから、恐れることはないのですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


鷲のように翼を張って (イザヤ書 40:25〜31)

2017/12/28 09:24
あなたは知らないのか、聞いたことはないのか。
主は、とこしえにいます神
地の果てに及ぶすべてのものの造り主。
倦むことなく、疲れることなく
その英知は究めがたい。・・・
主に望みをおく人は新たな力を得
鷲のように翼を張って上る。
走っても弱ることなく、歩いても疲れない。(イザヤ40:28、31)


「鷲のように翼を張って上る」というのは、一所懸命バサバサと羽ばたくのではなくて、大きく翼を広げて風をとらえ、風に乗っていくことだそうです。わたしたちにとっては、最善をしてくださる主の導きに身を委ねていくということではないかと思います。主なる神は造り主、永遠の神、疲れることのない方で、わたしたちを守ってくださいますから。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

西川口 わいわい分かち合いブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる